プロペシアの副作用で発症するEDについて

MENU

プロペシアの具体的な副作用:男性機能の低下

 

プロペシアによる副作用はすべての方に出るわけではないですが、こと男性機能の低下については比較的頻度が高いことがわかっています。

 

男性機能の低下といっても様々ありますが、ここではED(勃起不全)を中心に解説していきましょう。

 

プロペシアでEDになってしまう原因は?

 

プロペシアの日本国内での臨床試験では実際にEDの副作用が起こった割合は1%以下となっていますが、アメリカで行われた臨床試験では約1.8%となっています。

 

おおよそ100人に1人がEDの症状に悩まされると考えてよいでしょう。

 

プロペシアはもともと前立腺肥大症の治療薬である『プロスカー』を服用した際に薄毛改善が見られたことから開発された薬ですが、このプロスカーのフィナステリド含有量は5mgとプロペシアの5倍となっています。

 

当然プロペシアよりED下のリスクは高く、5%〜20%の人に発症するほどの高い副作用です。

 

この薬の力を借りて薄毛用として開発されたプロペシアは、フィナステリドの量は少ないとは言え、大元の薬を考えると決して安心できるわけではない事はお分かりいたあdけるのではないでしょうか。

 

EDだけでなく心因的要因も相まって男性機能全体が低下するリスクが怖い

 

客観的に見ると、プロペシアの副作用の一つであるEDをはじめとした男性機能の低下が、なぜこんなにもクローズアップされるのか不思議に思う方も多いかもしれません。

 

その理由は、男性にとって男性機能低下はハゲるのと同じくらい深刻な問題だから。

 

EDなんか気にしないという方は、恐らく薄毛なんか気にしないと言っても過言ではありません。

 

そして、男性機能低下は心理的な要因が非常に強く、一旦なってしまうと中々簡単には回復できないものです。

 

先程アメリカでの臨床試験で実際に男性機能低下の副作用が出現した人の割合は1.8%と前述しましたが、平行してプラセボ(偽薬)を投与した群もあったのですが、プラセボにも関わらず男性機能が低下したという人の割合がなんと1.3%にものぼりました。

 

これがどういうことかというと、「プロペシアを服用することで男性機能が低下するんじゃないか?」と疑心暗鬼になってしまうメンタル的な部分が要因で男性機能が低下してしまう部分もあるということです。

 

特に男性機能はメンタルと深く関わっているためプロペシアを服用することで過剰に反応してしまい男性機能を低下させてしまっている可能性もあるのです。

 

プロペシアの副作用のリスクを出来るだけ減らすために

 

プロペシア自体に男性機能低下の副作用が起こる可能性は少ないことが分かりましたが、逆に言うと心因性の機能低下も起こりうるため実際の副作用の出現率よりもどうしても高くなってしまうのが実情です。

 

そのため、プロペシアを服用するという覚悟を決めたのであれば、

 

・必ず病院で処方してもらう
・6ヵ月で効果が見られなかったら使用を中止する

 

という行動が最低限必要です。

 

そのため、薄毛が気になりはじめた段階の方であれば、まずは育毛剤を使っていくことをおすすめします。

 

>>>プロペシアの副作用:危険を冒さずとも同じ薄毛改善に効く育毛剤がある!