プロペシア 副作用 女性には危険

MENU

プロペシアの具体的な副作用:女性には危険

AGAの治療薬として非常に効果が高いと言われているプロペシアには色々な副作用があることが報告されており、そのため服用する性別や年齢が制限されていると言う特徴があります。

 

特に未成年や女性はプロペシアを服用する事そのものが危険だと言われているのですが、女性の場合でもAGAほどではないにしても薄毛に悩まされると言うケースも少なくありません。

 

何故プロペシアを使ったら危険だと言われているのか、実はあまり知らないと言う人が多いようです。

 

その理由として言われているのが、ホルモンバランスを大きく崩してしまうと言う点が挙げられています。

 

と言うのもプロペシアは男性ホルモンの一種であるDHTの増加を抑制することで発毛サイクルを整えると言う効果を持っているのですが、その作用によって胎内にいる男の子の生殖器官に対して悪影響をきたす恐れがあると言われているのです。

 

つまり妊娠中、それも男の子を妊娠している女性にとっては非常に危険な副作用となっているわけです。

 

しかもプロペシアの成分であるシナステリドは皮膚からも吸収されてしまうので、触るだけでも危ないとされています。

 

では妊娠していなかったり女の子を妊娠している場合であれば安全なのかと言うと、危険ではないものの発毛効果に関しては女性の場合はほとんどないとされているのでメリットはないと言われています。

 

そのため妊娠中の女性は特に危険ですし、そうではないとしても発毛効果は期待することが出来ないので使っても意味がないということになっているのです。

 

 

さらに効果的な育毛を望むなら・・・