プロペシア 副作用 子供には危険

MENU

プロペシアの具体的な副作用:子供には危険

育毛剤の治療に広く使用されているプロペシアは、医師からの処方が必要となる医薬品です。

 

プロペシアは、元々は前立腺の治療のために開発された経緯があり、大きな特徴として男性ホルモンに作用をすることがあります。

 

男性ホルモンに作用があることから、当然に男性機能にも影響を与えることになり、服用する場合には医師からの指示に従うことが重要になります。

 

プロペシアの使用においては、注意事項として女性と子供に対しての内容があり、ここでは、保管に関しての記載が行われています。

 

プロペシアは皮膚から触れただけでも成分が浸透する性質があり、妊娠中の女性も含めて十分に注意が必要であることが喚起されています。

 

プロペシア関して、最近、指摘が行われるものに子供への副作用があります。

 

大人と同様に子どもでも薄毛の悩みを抱えている場合があり、ここではプロペシアの処方の安全性が問われています。

 

プロペシアは、国内では唯一AGA治療薬として厚労省から認可が下りていますが、処方においては、多くは大人に対して行われています。

 

子どもの場合にはより深刻なリスクをもたらすとされており、性欲の減退、勃起障害、精子形成不全につながる可能性が大きいと指摘されています。

 

他にも、初期脱毛や、むくみ、うつ症状、肝機能障害があり、一度発症してしまうとなかなか回復しないことも確認されています。

 

特に注意が必要なのは、医師からの指示を受けずに、ネットなどからの購入で使用するケースがあります。

 

この場合、医師からの適切な処置を受けにくくなるために、保護者は十分に注意をする必要があります。

 

 

さらに効果的な育毛を望むなら・・・