プロペシアの副作用で生じる子供への影響

MENU

 

育毛剤の治療に広く使用されているプロペシアは、医師からの処方が必要となる医薬品です。

 

プロペシアは、元々は前立腺の治療のために開発された経緯があり、大きな特徴として男性ホルモンに作用をすることがあります。

 

男性ホルモンに作用があることから、当然に男性機能にも影響を与えることになり、服用する場合には医師からの指示に従うことが重要になります。

 

プロペシアの使用においては、注意事項として女性と子供に対しての内容があり、ここでは、保管に関しての記載が行われています。

 

プロペシアは皮膚から触れただけでも成分が浸透する性質があり、妊娠中の女性も含めて十分に注意が必要であることが喚起されています。

 

プロペシア関して、最近、指摘が行われるものに子供への副作用があります。

 

大人と同様に子どもでも薄毛の悩みを抱えている場合があり、ここではプロペシアの処方の安全性が問われています。

 

プロペシアは、国内では唯一AGA治療薬として厚労省から認可が下りていますが、処方においては、多くは大人に対して行われています。

 

子どもの場合にはより深刻なリスクをもたらすとされており、性欲の減退、勃起障害、精子形成不全につながる可能性が大きいと指摘されています。

 

他にも、初期脱毛や、むくみ、うつ症状、肝機能障害があり、一度発症してしまうとなかなか回復しないことも確認されています。

 

特に注意が必要なのは、医師からの指示を受けずに、ネットなどからの購入で使用するケースがあります。

 

この場合、医師からの適切な処置を受けにくくなるために、保護者は十分に注意をする必要があります。

 

>>>プロペシアの副作用:危険を冒さずとも同じ薄毛改善に効く育毛剤がある!

 

 

意外と知られていないから非常に怖いプロペシアの子供や胎児への影響

 

AGAの治療薬として非常に効果が高いと言われているプロペシアには色々な副作用があることが報告されていますが、子供や妊婦あるいは妊娠している可能性のある女性には投与が禁止されている薬であることは意外と知られていません。

 

特に未成年や女性はプロペシアを服用する事そのものが危険だと言われているのですが、女性の場合でもAGAほどではないにしても薄毛に悩まされると言うケースも少なくありません。

 

何故プロペシアを使ったら子供や女性が危険なのか

 

プロペシアは男性ホルモンの一種であるDHTの増加を抑制することで発毛サイクルを整えると言う効果を持っているのですが、その作用によって胎内にいる男の子の生殖器官に対して悪影響をきたす恐れがあると言われているのです。

 

つまり妊娠中特に男の子を妊娠している女性にとっては非常に危険な副作用となっているわけです。

 

さらにプロペシアの成分であるフィナステリドは皮膚からも吸収されてしまうので、触るだけでも危ないとされています。

 

では妊娠していなかったり女の子を妊娠している場合であれば安全なのかと言えば、その保障はされていません。

 

それ以前に、女性に対してプロペシアに効果は認められていませんので、そもそも使用するデメリットはあってもメリットはないという事です。

 

パートナーや子供がいる家庭は間接的な接触に注意が必要

 

このようにプロペシアは子供や女性の使用は禁止されていると思っておいた方が良いことがここまででお分かり頂けたと思います。

 

しかし、どんなに本人が気をつけていても、使用するあなた(男性側)が無頓着ではすまされません。

 

先程お伝えしたように、プロペシア(フィナステリド)は皮膚からも吸収されてしまう成分であるということ。

 

通常は薬にコーティングがされているので、誤って子供が触ったくらいでは問題ありませんが、1錠を砕いて2回に分けて飲んだり、高温多湿の場所で保管してコーティングが溶け出してしまう危険性もゼロではありません。

 

そのため、パートナーや結婚して子供がいるという場合には、使用するあなたが細心の注意を払う必要がある事を覚えておきましょう。

 

>>>プロペシアの副作用:危険を冒さずとも同じ薄毛改善に効く育毛剤がある!