プロペシアの副作用:抑うつ

MENU

プロペシアの副作用「抑うつ」について

薄毛で悩んでいる方はとても多いと言われています。

 

やはり遺伝的なことも多いのですが、それ以外では今男性型脱毛症ということが理由で薄毛になってしまっている方が多いという傾向もあります。

 

ちなみに、これは、ストレスであったり、睡眠不足、バランスの悪い食事、不規則な生活などの生活習慣の影響でなってしまうということも大きく言えるでしょう。

 

治療にあたっては、プロペシアという薬を内服したり、育毛剤やマッサージなどを併用していくことで直していきます。

 

薄毛にはプロペシアは、かなり効果があるということで注目されています。

 

医師の処方箋がないと出してもらえない薬ですので、ドラッグストアなどでは購入ができません。

 

しかし、個人輸入という形でしたら、通販のようにして取り寄せることもできる場合もあります。

 

ただし、プロペシアには重篤な副作用の報告もあるためいきなり個人輸入には頼らず、最初は医師の元での服用をおすすめします。

 

プロペシアで抑うつ症状が出る理由

 

プロペシアの副作用として、抑うつがあります。

 

プロペシアは脱毛ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する還元酵素の5αリダクターゼを阻害する薬ですが、使用の際にホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

 

人間には神経活性ステロイドという人体が生成するステロイドホルモンがあるのですが、このホルモンは人を前向きかつ活動的にしてくれるホルモンです。

 

プロペシアはこの神経活性ステロイドを阻害してしまう副作用があるため、抑うつ症状が出やすくなってしまうのです。

 

この抑うつ症状が報告されている割合は1%程度と100人に1人の割合ではありますが、プロペシアの場合は服用をやめたからと言ってすぐに抑うつ症状が消える訳ではなく、後遺症として続いてしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

普段からそういう傾向がある方の場合ですと、さらにということになってしまいますが、抑うつ症状は自分でも気づかないうちに進行することが多いため細心の注意が必要となってきます。

 

集中力が続かなくなったり、ちょっとしたことでイライラするなど最初は些細なことから始まるのが普通です。

 

普段の生活でも感じることのある気持ちの変化ですが、これらが頻発してくるようなら要注意。

 

こうなってしまうと薄毛対策どころの騒ぎではなくなってしまうため、服用を一旦ストップし医師の判断を仰ぎます。

 

プロペシアの副作用は服用をストップしても後遺症として続くことがあるため、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

薄毛対策としてホルモンバランスに手を加えることで起こる悲劇

 

人間のホルモンは常に絶妙なバランスを保たれているのが普通ですが、足りない、または抑えたいホルモンに手を加えることによってさらにそのバランスを崩してしまうことが多々あります。

 

もとは髪を増やしたいだけなのにうつ病まで発症してしまったら元も子もありませんよね?

 

プロペシアのようなホルモンに作用する医薬品を服用する場合は絶対に自己判断で服用せず、医師の元で服用した方がいいと言われる所以はこのあたりにあると言っていいでしょう。

 

 

 

さらに効果的な育毛を望むなら・・・