食事と運動による薄毛予防の効果

MENU

食事と運動による薄毛予防の効果とは?

睡眠や運動の不足、それから偏った食生活は、健康のみならず髪の毛にも影響を与え抜け毛や薄毛を招きます。

 

髪の成長には相応の栄養素が必要ですが、人間が体内に取り込んだ栄養素はまず内臓などの重要な器官に使用され残ったものが毛根などの末端組織へと回されていきます。

 

ということは内臓などの重要器官に十分な栄養素を送り込む以上の栄養素を摂取しないと髪には栄養が到達できないことになります。

 

体質や遺伝の問題も無視はできませんが、髪を健全に保つためには、適切な運動と食生活をする事が根本的な手立てとなります。

 

毛髪に良い影響を与える食品には以下のようなものがあります。

 

・魚や大豆

 

たんぱく質が豊富です。

 

・卵

 

必須アミノ酸が摂れます。

 

・ほうれん草

 

鉄分を含有しています。

 

・ナッツ類やゴマ

 

ビタミンEが入っています。

 

これらは髪質を良くしたり、成長を手助けしたりしてくれます。

 

ただ摂ればいいというわけではないので、バランスにも気を配りましょう。

 

有酸素運動が薄毛に効果的な理由

 

そして実は運動も、薄毛や抜け毛対策には有効です。

 

せっかく食事に気を使って栄養素を摂取したとしても、頭皮への血行が悪いと栄養素を毛根まで運ぶことができません。

 

体内に取り込む酸素量を増やし、血行を良くすることで栄養素が確実に毛根へ運ばれていきますので軽い運動は薄毛に効果的と言われています。

 

中でも有酸素運動が、とりわけ効果的と言われています。

 

・自転車運動

 

・水泳

 

・ジョギング

 

まずは、自分ができる範囲で、このような有酸素運動をはじめることが大切です。

 

体内に取り込んだ酸素を使って糖分や脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換する有酸素運動には、男性ホルモンの発生を抑える作用と、発汗で血流を改善する作用があります。

 

これにより頭皮の新陳代謝が活性化し、発汗により毛穴を塞ぎかねない「皮脂」や「汚れ」を効率的に取り除いてくれるのです。

 

逆に無酸素運動は男性ホルモンであるテストステロンの発生量が増えますので薄毛対策には逆効果。

 

身体への負荷が軽度〜中等度である程度の時間を継続するようにしましょう。

 

有酸素運動は20分以上続けなければ意味がないと言われていますが、人によって糖分や脂肪の燃焼率は違います。

 

まずは10分程度の軽い運動から始めて徐々に時間を伸ばしていけば問題ありません。

 

また運動選手に薄毛や抜け毛の方があまりいないのは、身体を動かす事で身体中の血行が良化されていたり、新陳代謝が活発になったりしているからです。

 

スポーツではたくさんの汗をかきますから、自然とシャンプーを丁寧に施す事になり、それもまた、頭皮の状態を清潔なままキープできる要因であると言えます。

 

ぜひ日常生活に運動を取り入れてみて下さい。

 

サプリメントで栄養を補うことで手軽に薄毛対策ができる!

 

加えて、育毛剤を用いながらサプリを服用するのも、薄毛対策に有効です。

 

仕事で生活リズムが狂いがちな方や、運動の時間を確保できない方には特にオススメです。

 

ありがたい事に、副作用もありません。

 

サプリについては、以下の成分などが入っているものを選びましょう。

 

・ノコギリヤシ
・Lリジン
・亜鉛

 

日頃摂取する機会の少ない成分や上記の成分を積極的に摂ると、育毛剤と共に効果を高め合うので、秀でた成果を期待できます。

 

 

効率的な育毛剤と育毛サプリメントはこちら