薄毛が運動によって予防効果が高くなる理由とは

MENU

運動による薄毛予防の効果とは?

 

薄毛の原因は男性ホルモンが影響していることは、近年の研究によって明らかになってきましたが、その男性ホルモンの乱れを引き起こす原因となっているのは生活環境が大きく関係しています。

 

特に現代人の運動不足は深刻で、この運動不足が薄毛への黄色信号を灯している事を見過ごす人が多いのも事実です。

 

ここでは運動による薄毛予防の効果についてしっかりと理解を深めて頂きたいと思います。

 

運動が髪の成長に重要な理由

 

髪の成長には相応の栄養素が必要ですが、人間が体内に取り込んだ栄養素はまず内臓などの重要な器官に使用され残ったものが毛根などの末端組織へと回されていきます。

 

ということは内臓などの重要器官に十分な栄養素を送り込む以上の栄養素を摂取しないと髪には栄養が到達できないことになります。

 

そのため、髪を健全に保つためには、適切な運動することが根本的に必要なのです。

 

有酸素運動が薄毛には効果的

 

運動にも無酸素運動と有酸素運動の2種類があります。

 

こと薄毛に関して言えば、体内に取り込む酸素量を増やし、血行を良くすることで栄養素が確実に毛根へ運ばれていきますので、有酸素運動が効果的となります。

 

具体的に有酸素運動と言えば、

 

  • ・自転車運動
  • ・水泳
  • ・ジョギング

 

といった、持続して身体を動かしながら心肺機能を向上させる運動となります。

 

体内に取り込んだ酸素を使って糖分や脂肪を燃焼させ、エネルギーに変換する有酸素運動には、男性ホルモンの発生を抑える作用と、発汗で血流を改善する作用があります。

 

これにより頭皮の新陳代謝が活性化し、発汗により毛穴を塞ぎかねない「皮脂」や「汚れ」を効率的に取り除いてくれるのです。

 

身体への負荷が軽度〜中等度である程度の時間を継続するようにしましょう。

 

以前は有酸素運動は20分以上続けなければ意味がないと言われていますが、人によって糖分や脂肪の燃焼率は違うため短い時間でも燃焼効果がある事がわかっています。

 

そのため、まずは無理せず10分程度の軽い運動から始めて徐々に時間を伸ばしてくようにしましょう。

 

>>>運動と併用してプロペシアのような発毛薬を検討している方はコチラもチェック