薄毛の原因となる食べ物と髪に良い食事

MENU

薄毛の原因となる食べ物を無意識に多く食べていませんか?

 

毎日欠かさず髪を洗ってマッサージもして頭皮をキープしているのに、薄毛の悩みが改善されずに困っている方は少なくありません。

 

薄毛には色んな要素があるため、簡単に改善できるものではありませんが、せっかくの努力が意味のないものになっている可能性も多々あります。

 

その1つが普段の食生活です。

 

ここでは知らずの内に摂ってしまっている薄毛の原因となる食べ物を明らかにし、薄毛改善につながる食生活について考えていきたいと思います。

 

薄毛の原因となる食べ物とは

 

薄毛の原因となってしまう食べ物をカテゴライズした場合、キーポイントとなるのは「血行」と「皮脂」に関係するものなります。

 

つまり、血行不良を促進させたり、余分な皮脂の発生を促してしまうような食事が、薄毛を引き起こす事になります。

 

具体的には油分や糖分を多く摂る、あるいはそうした食べ物が中心となっている食生活は薄毛になるリスクが高いと思っていただければ良いでしょう。

 

 

【油分や糖分を多く含む食べ物例】

 

・牛丼
・かつ丼
・マヨネーズ
・スナック菓子
・チョコレート、ケーキ

 

 

上記は一例ですが、近年の日本では欧米化の食生活やコンビニや弁当チェーン店の利用が増えたことで、無意識に糖分が多かったり、高カロリーだったりする食べ物を摂ってしまっています。

 

そのため、あなたが気をつけていると思っていても、それ以上に毛髪へ悪影響を与えて薄毛をエスカレートさせてしまっているのです。

 

ただ「絶対にこれらの食事を避けなければいけない!」というわけではないので安心して下さい。

 

厳禁なのはあくまでも「食べすぎる事」なのです。

 

逆に髪に良いとされている食べ物は、以下のようなものがあります。

 

 

【髪や頭皮の栄養に良いとされる食べ物例】

 

・魚や大豆
・卵
・ほうれん草
・ナッツ類やゴマ

 

 

食べすぎや偏った食事を遠ざけ、こうした髪に良い食べ物もバランスよく組み合わせた食生活を心がけましょう。

 

  • 皮脂の分泌量を減らす
  • 血行を良くする
  • 脂肪を減らす

 

食べ物を気をつけるだけでも、これらの事を実現できるんだと理解することが何より大切です。

 

>>>食生活とともに発毛薬や育毛剤を検討しているならコチラもチェック