髪 良い 悪い 食事

MENU

髪に良い食生活とは「摂り過ぎない」ことを第一に考える

毎日欠かさず洗髪してキレイな頭皮をキープしているのに、薄毛や抜け毛に苦しんでいるという方は多いです。

 

そのような方は、食生活に目を向けましょう。

 

日々の食事は、毛髪にとって「良い食事」と「悪い食事」にカテゴライズする事が可能です。

 

毛髪に良くない食事を考える際に、キーポイントとなるのは「血行」と「皮脂」です。

 

これらは、毛髪の成長に多大な影響を与えます。

 

血行を悪化させたり、皮脂の発生を促進したりしてしまう食事が、薄毛や抜け毛を引き起こすのです。

 

・肉類中心
・糖分中心

 

このような食生活は望ましくありません。

 

・牛丼
・かつ丼

 

具体的にはこのような食事が、肉ばかりで高カロリーのため、あまりよくありません。

 

そしてインスタント食品も、脂が多いので望ましくありません。

 

・マヨネーズ
・スナック菓子
・チョコレート、ケーキ

 

何にでもマッチするので使いがちですが、マヨネーズも非常に油分が多いです。

 

スナック菓子もカロリーが高く、油分がやはり豊富です。

 

ケーキやチョコレートなどのスイーツも、疲労時にはつい食べたくなりますが、毛髪への悪影響はかなり大きいです。

 

ただ、上記のような糖分が多かったり、高カロリーだったりする食べ物は大抵の方が好んでいます。

 

ですがそんな事実とは関係なく、これらが中心の食事を続けていると、毛髪へ悪影響を与えて抜け毛や薄毛をエスカレートさせます。

 

それでも「毎日しっかり洗髪して頭皮を清潔にすればいい」と思われるかもしれませんが、それは洗髪直後だけです。

 

すぐに大量の皮脂により毛穴が詰まり込んだり、脂肪が増加したり、頭皮が不潔になってしまったりして、血流が悪化してしまうのです。

 

ただ「絶対にこれらの食事を避けなければいけない!」というわけではないので安心して下さい。

 

厳禁なのはあくまでも「食べすぎる事」なのです。

 

食べすぎや偏った食事を遠ざけ、毛髪に優しい食生活を心がければ、抜け毛や薄毛は十分改善する事ができます。

 

毎日僅かずつでも継続すれば、良い変化は訪れるはずです。

 

・皮脂の分泌量を減らす
・血行を良くする
・脂肪を減らす

 

繰り返しになりますが、食生活によってこれらの事を実現していって下さい。

 

 

食事バランスを考えるのが面倒なら・・・