男性ホルモン 抑制

MENU

男性ホルモンを抑制するには?

今回は、頭皮や頭髪についてお悩みの方に、男性ホルモンと関連付けてAGAや薄毛予防についてお話してまいります。

 

男性ホルモンとは

 

まずは、男性ホルモンについて説明していきましょう。

 

男性ホルモンとは、男らしさの発達を促す性ホルモンです。

 

男性ホルモンの量は、テストステロンという物質がキーとなっており、男性はこのテストステロンという物質に左右されていると言っても過言ではないほどのたくさんの作用があると言われています。

 

テストステロンは男性ホルモンの95%を占めており、睾丸で作られています。

 

テストステロンの数値が高い男性は、達成感や経験値を獲得したいがために冒険心が強く、ズバッと印象的で短い言葉で人を惹きつけ、リーダーになりやすいタイプだと言われています。

 

他にも、空間認知能力に優れ、地図を読み解くのが得意であること、縄張り意識が強いこと、激辛料理を好むこと、納得すれば自分を犠牲にしてまでも社会のために尽くすことなどが特徴として挙げられています。

 

それでは、何故このテストステロンが男性にとって必要不可欠なんでしょうか。

 

それは、男性の成長に関わっているからです。

 

このテストステロン、男性の人生において言えば、3度、重要な役割をする時期があります。

 

まずはじめは、胎児のとき。

 

胎児のときは女性の人体構造となっていますが、テストステロンによって男性の生殖器が作られ、「男の子」として誕生するのです。

 

次に、2度目の時期としては、生後2週間〜6ヶ月にかけて。

 

この時期は、テストステロン値が高まり、脳の性差や発達に対して影響があると言われています。

 

最後は、思春期。

 

この時期は大量のテストステロンが分泌されます。

 

この時期に骨や筋肉が大きく生成され、体毛が濃くなったりヒゲが生えたり、「男らしい」姿へと変わっていくのです。

 

以上の3度の時期を経て大きく成長していくのですが、成人、壮年になってもテストステロンは男性にとって大切な役割を果たしてくれます。

 

成長した骨や筋肉の維持、性欲や性機能の維持、血液の生成、動脈硬化の予防、メタボリックシンドロームの予防、脳への働きなど、体の至る所の働きに関わっています。

 

また、身体的なことだけでなく、精神的な面でもテストステロンは関わっており、チャレンジ精神や冒険心を高めてくれる働きもあります。

 

このように、男性にとってテストステロンは、切っても切り離すことのできない、生きていく上で重要なものであるということがわかりますね。

 

男性ホルモンを抑えることが果たして薄毛予防になるのか?

 

男性ホルモンはテストステロンだけではなく、ジヒドロテストステロンという成分も含まれています。

 

このジヒドロテストステロンは、毛母細胞の活動を低下させる働きがあり、薄毛へとつながるのではないかと言われています。

 

詳しく説明しますと、テストステロンが減少してしまうと、骨や筋肉の維持、体毛増加、チャレンジ精神の増幅などが促進されず、さらにテストステロンの不足を補おうと5αリダクターゼという物質が結合し、ジヒドロテストステロンへと変化して、頭髪や体内に悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

こうして薄毛が進行してしまうので、男性ホルモンを抑制することで薄毛が予防されるのでは・・・?と皆さん考えてしまいがちですが、男性ホルモンそのものを抑制してしまえば、体毛増加の役割を果たしてくれるテストステロンでさえも抑制してしまう恐れがありますよね。

 

テストステロンではなく、本来薄毛を引き起こしてしまう要因であるジヒドロテストステロンという成分を抑制、すなわち、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化することを防ぐことができれば、薄毛の進行を食い止めることができます。

 

ジヒドロテストステロンを抑制するには?

 

それでは、ジヒドロテストステロンを抑制するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

まず、AGA専門のクリニックなど、専門機関を受診し、AGA治療薬、いわゆる育毛剤などを使用して、ジヒドロテストステロンを抑制しましょう。

 

主には、プロペシアという育毛剤が処方されると思います。

 

このプロペシアは、60か国以上で使用されており、薄毛治療に対して実績が高いと言われています。

 

日本では厚生労働省の認可を受けるほど最も効果があると言われています。

 

また、5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐ効果もあり、AGA進行を止める役割も果たしてくれます。

 

さらには、髪の毛に直接塗る育毛剤だと、臭いなど気になったりしますが、このプロペシアは、飲む育毛剤として手軽で、なおかつ周りを気にせず治療することができます。

 

しかし、これらのメリットに反して、デメリットも報告されています。

 

声を大にして言われていることは、副作用です。

 

男性機能低下や性欲減退が主に報告されています。

 

それに加えて、頻度は少ないと雖も、肝機能障害や胎児に影響が出た、などの副作用も報告されています。

 

しかしながら、副作用が出る・出ないも、症状の出方も、治療薬の効果も、人それぞれです。

 

ご自身の頭皮のようすや髪質をしっかり理解し、専門機関に相談の上、AGA治療を始めてくださいね。

 

 

このように男性ホルモンも薄毛治療に関係していたことがわかりましたね。

 

テストステロンやジヒドロテストステロンなど、難しいカタカナが並びましたが、こういった成分が自分の体内にあることを理解し、薄毛治療に役立てていただければ幸いです。

 

 

 

副作用リスクがない安全な育毛剤