薄毛と男性ホルモンの関係について

MENU

薄毛と男性ホルモンの関係を知ろう

 

薄毛で悩む方なら男性ホルモンがどうやら関係しているらしいと言う事は何となく理解しているかもしれません。

 

しかし、男性ホルモン全てが薄毛に関係してくるのではなく、実は薄毛を引き起こす男性ホルモンがあります。

 

ここでは、薄毛と男性ホルモンについてしっかりと理解してもらえるように詳しく解説していきましょう。

 

男性ホルモンとは

 

男性ホルモンとは、男らしさの発達を促す性ホルモンです。

 

男性ホルモンは、テストステロンという物質が95%を占めていて、男性らしさは、このテストステロンという物質の量に左右されていると言っても過言ではないほどのたくさんの作用があると言われています。

 

例えば、テストステロンの数値が高い男性は、達成感や経験値を獲得したいがために冒険心が強く、ズバッと印象的で短い言葉で人を惹きつけ、リーダーになりやすいタイプだと言われています。

 

他にも、空間認知能力に優れ、地図を読み解くのが得意であること、縄張り意識が強いこと、激辛料理を好むこと、納得すれば自分を犠牲にしてまでも社会のために尽くすことなどが特徴として挙げられています。

 

それでは、何故このテストステロンが男性にとって必要不可欠なんでしょうか。

 

それは、男性の成長に関わっているからです。

 

このテストステロン、男性の人生において言えば、3度、重要な役割をする時期があります。

 

まずはじめは、胎児のとき。

 

胎児のときは女性の人体構造となっていますが、テストステロンによって男性の生殖器が作られ、「男の子」として誕生するのです。

 

次に、2度目の時期としては、生後2週間〜6ヶ月にかけて。

 

この時期は、テストステロン値が高まり、脳の性差や発達に対して影響があると言われています。

 

最後は、思春期。

 

この時期は大量のテストステロンが分泌されます。

 

この時期に骨や筋肉が大きく生成され、体毛が濃くなったりヒゲが生えたり、「男らしい」姿へと変わっていくのです。

 

以上の3度の時期を経て大きく成長していくのですが、成人、壮年になってもテストステロンは男性にとって大切な役割を果たしてくれます。

 

成長した骨や筋肉の維持、性欲や性機能の維持、血液の生成、動脈硬化の予防、メタボリックシンドロームの予防、脳への働きなど、体の至る所の働きに関わっています。

 

また、身体的なことだけでなく、精神的な面でもテストステロンは関わっており、チャレンジ精神や冒険心を高めてくれる働きもあります。

 

このように、男性にとってテストステロンは、切っても切り離すことのできない、生きていく上で重要なものであるということがわかりますね。

 

薄毛を引き起こす男性ホルモンはどのようにして生成されるのか

 

このように男性ホルモンの核となるテストテロンは「男らしさ」を形成するにあたって重要な役割を担っています。

 

このテストステロンが減少してしまうと、骨や筋肉の維持、体毛増加、チャレンジ精神の増幅などが促進されなくなってしまいます。

 

この時、テストステロンの不足を補おうと5αリダクターゼという物質が結合し、テストテロンがジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化します。

 

このジヒドロテストステロンという男性ホルモンがは、毛母細胞の活動を低下させる働きがあり、薄毛へとつながるという事が現在の研究で明らかになってきました。

 

薄毛を引き起こす男性ホルモンを抑制するために

 

このようなホルモンの仕組みが理解できれば、単純に男性ホルモンを抑制することで薄毛が予防できるわけではない事がお分かり頂けると思います。

 

つまり、男性ホルモンでも本来薄毛を引き起こしてしまう要因であるジヒドロテストステロンという物質を抑制すること。

 

言い換えれば、テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化することを防ぐことができれば、薄毛の進行を食い止めることができます。

 

それでは、このジヒドロテストステロンを抑制するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

1つは、皮膚科やAGA専門のクリニックなどの病院で、AGA治療薬であるプロペシアを処方してもらう方法です。

 

プロペシアは、世界60か国以上で使用されている医薬品で、5αリダクターゼを抑制しジヒドロテストステロンの生成を防ぐ効果があると言われています。

 

しかし、プロペシアにはメリットと共にデメリットも報告されています。

 

そのため、プロペシアを服用して薄毛予防を進めていく際には専門機関に相談の上、薄毛治療を進めていくことが前提と考えておきましょう。
もう1つの方法としては、医薬品ではなく天然成分を主成分とした医薬部外品や化粧品に分類される育毛剤や養毛剤(スカルプローション)を使う方法。

 

医薬品と比べて効果がないと考える人も未だに多いですが、天然成分でも5αリダクターゼを抑制する効果は研究や臨床結果から数々の実証がされています。

 

また、医薬品のようなデメリットがないことから、長期使用に適している薄毛改善方法と言えるでしょう。

 

どちらを選択するにしても、薄毛改善への道は1ヵ月そこらではなく、半年から1年以上のスパンで考えなければいけません。

 

そのため、それぞれのメリット、デメリットをよく考えてから薄毛を改善する方法をセレクトするようにする事が大切です。

 

>>>薄毛改善には医薬品と医薬品以外どちらを使うべきかの回答はこちら