プロペシア 発毛

MENU

プロペシアは飲めば毛が生えるの?

薄毛対策として使用される医薬品のプロペシア。

 

そもそもこのプロペシアは飲めば毛が生えてくるのでしょうか?

 

プロペシアは発毛や育毛を目指して開発された薬ではなく、もともとは前立腺肥大症の医薬品として開発された際に副作用として発毛が出現したことから現在では薄毛対策の薬として使用されています。

 

このプロペシアの効果はと言うと、AGAの原因とも言われているDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し脱毛や薄毛を予防する、というもの。
どちらかと言うと発毛というよりは薄毛の進行を予防するための医薬品です。

 

医薬品だけに飲めば毛がフサフサと生えてくる魔法の薬のように感じてしまうかもしれませんが、プロペシアに髪を増やす効果はなく、あくまでも薄毛の進行をストップさせる効果しかないのです。

 

プロペシアの服用期間を知っていますか?

 

意外と知られていないのがプロペシアの服用期間。

 

医師の監督のもと、効果が出るかどうかを見極めるため半年間の連続服用が義務付けられます。

 

さらにそこで効果が出たとしてもやめた途端、効果がなくなってしまうため薄毛改善を望んでいる間はずっと服用し続けなければいけません。

 

プロペシアの長期服用が怖いのは副作用があるためです。

 

プロペシアの主な副作用

 

男性機能障害(ED)・肝機能障害・倦怠感

 

副作用は誰にでも出るわけではありませんが、出ないわけでもありません。

 

誰にでも出る可能性はあるのです。

 

男性機能がすでに不要ならば気にする必要もありませんが、まだまだならば服用し続けることはできるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

プロペシアを使用せずにDHTを抑制する方法

 

AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制してくれるのはプロペシアだけではありません。

 

天然成分であるオウゴンエキスやヒオウギエキスはDHTを生成する前身の5αリダクターゼを抑制する効果を持っています。

 

5αリダクターゼを抑制することでDHTの生成ができなくなってしまうため、結果的にDHTを抑制することになります。

 

プロペシアは医薬品だけに即効性はありますが副作用のリスクが高く、天然成分の育毛剤は即効性はないものの副作用のリスクがありません。

 

しかし、プロペシアでも育毛剤でも結局は長期間使用することは前提になっています。

 

となるとあなたが選ぶべき薄毛対策はもうお分かりですよね?

 

 

副作用のリスクなしでDHTを抑制するなら