プロペシアとミノキシジルの違い

MENU

プロペシアとミノキシジル、それぞれの効果と違い

プロペシアとミノキシジルは薄毛の特効薬としてどちらも有名ですが、その働きには大きな違いがあります。

 

どんなときにどちらの薬を使えばいいのか、副作用にはどのような違いがあるのか?
ここではプロペシアとミノキシジルの違いについて説明します。

 

 

プロペシアとは?

 

もともとは前立腺肥大症の薬の副作用を元に作られたAGA治療薬。
プロペシアそのものに発毛力はなく、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する効果があります。

 

その副作用には男性機能低下や肝機能障害が挙げられ、発現率は1%以下となっています。

 

 

 

ミノキシジルとは?

 

もともとは血管拡張剤として開発された薬から発毛に注目され作られたAGA治療薬。
血行を促進することで毛根へ栄養素をしっかりと送られ、発毛につなげる効果があります。

 

副作用は全身の多毛症、低血圧、男性機能低下が挙げられます。

 

 

このようにプロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)と結合する還元酵素の5αリダクターゼを阻害する働きがあり、ミノキシジルは血行を促進することで発毛を促す薬です。

 

上の2つを読み比べても分かるように、プロペシアとミノキシジルは同じAGA治療薬でも作用する場所も違えば副作用も違っています。

 

共通項として、プロペシアもミノキシジルも何かしらの副作用を応用して作られた治療薬であることが挙げられます。

 

副作用を応用して作られた治療薬ということは少なからず本来の目的に関する薬効が出てくる可能性があるということになります。

 

プロペシアなら前立腺に関する薬効が副作用として出現する可能性が高くなり、ミノキシジルなら血管拡張におけるほてりやのぼせが副作用として出現しやすくなるのです。

 

特に男性機能の低下に関しては服用をやめても継続することが報告されているため、服用の際は医師との連携が必須です。

 

その他にも両者は医師のもとで扱われている医薬品ということもあり、多くの副作用が報告されているため注意が必要です。

 

また、自分のライフスタイルと見比べることも大切なポイントです。

 

あなたの薄毛の原因が分かればその原因に応じた薬を使い分けることで効果的な薬効を得ることができます。

 

これらの医薬品は基本的に医師の処方が必要なので綿密なカウンセリングで処方される薬が決まるでしょう。

 

個人輸入には要注意!

 

気をつけなければいけないのがこれらの医薬品を個人輸入して使用すること。

 

確かに個人輸入であれば保険の効かない診療よりも格安で薬を手にすることができますが、薬が万が一粗悪品であった場合も対処することができず、正規品であったとしても出現する副作用は自力ではどうすることもできません。

 

先にも述べましたが男性機能の低下が副作用で起こった場合、服用を中止しても継続してしまう可能性もあるのです。

 

また、自身の薄毛の原因をしっかり理解していないと間違った薬を服用してしまうことになりかねませんので、できれば初回だけでも医師の元で処方してもらうのが好ましいです。

 

個人輸入で手にするならその副作用もしっかりと理解して、自己責任で行ってください。

 

せめて服用開始の6ヶ月間程度は医師の元での服用をおすすめします。

 

 

副作用リスクがない効果的な育毛剤はこちら