プロペシアとミノキシジルの効果と副作用について

MENU

プロペシアとミノキシジル、それぞれの効果と違い

 

プロペシアとミノキシジルは薄毛の特効薬としてどちらも有名ですが、その働きには大きな違いがあります。

 

どんなときにどちらの薬を使えばいいのか、副作用にはどのような違いがあるのか?

 

ここではプロペシアとミノキシジルの違いについて説明します。

 

プロペシアとミノキシジルの効果について

 

もともとは前立腺肥大症の薬の副作用を元に作られたAGA治療薬。

 

プロペシアそのものに発毛力はなく、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する効果があります。

 

一報でミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発された薬から発毛に注目され作られたAGA治療薬。

 

血行を促進することで毛根へ栄養素をしっかりと送られ、発毛につなげる効果があります。

 

副作用は全身の多毛症、低血圧、男性機能低下が挙げられます。

 

プロペシアとミノキシジルの副作用について

 

このようにプロペシアはDHT(ジヒドロテストステロン)と結合する還元酵素の5αリダクターゼを阻害する働きがあり、ミノキシジルは血行を促進することで発毛を促す薬です。

 

そのため、同じAGA治療薬でも作用する場所も違えば、副作用も違います。

 

ただし覚えておかなければいけないのは、プロペシアもミノキシジルも何かしらの副作用を応用して作られた治療薬であること。

 

つまり、副作用を応用して作られた治療薬というのは副作用(もともとの効果)が出やすいと考えておく必要があるのです。

 

例えば、プロペシアなら前立腺に関する薬効が副作用として出現する可能性が高くなり、ミノキシジルなら血管拡張における、ほてりやのぼせが副作用として出現しやすくなるのです。

 

特に両方ともに見られる副作用として、男性機能の低下に関しては服用をやめても継続することが報告されているため注意が必要です。

 

>>>プロペシアは副作用のリスクも高いことを理解しよう