プロペシアの禁忌事項

MENU

プロペシアの副作用と服用の際の禁忌事項をチェック!

プロペシアは医薬品だけあってさまざまな制約やリスクが存在します。

 

副作用は有名なので知っているかもしれませんが、もしかしてあなたの知らないリスクが潜んでいるかも・・・!?

 

しっかりとリスクを理解した上で使用するようにしてくださいね。

 

プロペシアの取り扱い・保管上の注意

 

プロペシアの服用は成人男性が対象で女性と未成年には処方禁止の薬です。

 

特に妊娠中の女性は服用はおろか、直接触るだけでも経皮吸収され胎児に影響を及ぼす可能性があるため禁忌とされています。

 

また、プロペシアは薬価が高額なためピルカッターで半分に分割して服用したいところですが、ピルカッターで分割する際に近くにいる女性に成分が不着する可能性もあるため割って飲むことは禁忌とされています。

 

また未成年の服用も国が禁止しています。

 

プロペシアの効果上、女性に対する効果はほぼないため服用することは少ないかもしれませんが夫婦で服用を手伝ってあげたりすることにも気をつけたほうがいいでしょう。

 

できれば女性はプロペシアに触らないくらいに考えておくと良いかもしれません。

 

服用中の献血はできない

 

これも輸血を受ける側が妊婦や授乳中の女性であった場合、血液を介して成分が移行しないための措置となります。

 

プロペシアにおける副作用リスク

 

 男性機能低下のリスク

 

プロペシアの副作用の中でも最も重要視されている男性機能低下のリスク。

 

髪が元に戻ったとしても男性機能が低下してしまったら元の木阿弥です。

 

プロペシアの臨床実験では被験者の約1%に何らかの男性機能低下症状が出たという結果も出ています。

 

更に怖いのはプロペシアの服用を中止しても、男性機能は低下したままだということ。

 

確率的にはそれほど高くないリスクですが、万が一副作用が出てしまうと取り返しがつかなくなる副作用のひとつです。

 

 肝機能障害のリスク

 

プロペシアの副作用の中でも肝機能障害は極々稀に起こりうる、というリスク的には低い副作用ですがもともと肝臓の機能が悪い場合は処方されないこともあります。

 

これはプロペシアの成分であるフィナステリドがジヒドロテストステロンを抑制する際に肝臓で働くために起こる副作用です。

 

 乳房圧痛・乳房肥大

 

プロペシアの副作用の一つに乳房圧痛があります。

 

胸が張ったような痛みを感じたりしこりが出現し、触ると痛いのが特徴で、プロペシアの服用をやめると治まります。

 

この乳房圧痛を経て乳房肥大へと変化していきますが、これはプロペシアを服用することで女性乳房化してしまう副作用です。

 

 抑うつ症状・めまい

 

抑うつ症状はプロペシアの副作用の1%以下と少なくはありますが確実に報告されている副作用です。

 

男性ホルモンが減少することで起こるいわゆる更年期障害のように気分が沈んだりすることが報告されています。

 

プロペシア服用によるリスクを理解しよう

 

以上がプロペシア服用によるリスクとなります。

 

プロペシアの副作用はそのほとんどが性欲減退やEDといった男性機能低下症状になるため、他の症状については低リスクかもしれませんが確実に報告されている事実でもあります。

 

また、女性には禁忌な存在の薬ですので安易に使用できる薬ではありません。

 

使用する際は医師の元で処方してもらい、その副作用やリスクを十分理解した上で服用しましょう。

 

特に個人輸入などで医師の処方外で服用する場合には注意が必要です。

 

 

副作用リスクがない効果的な育毛対策はこちら