プロペシアの禁忌事項

MENU

プロペシアを使用するなら禁忌事項は絶対に忘れてはいけない!

 

プロペシアには副作用がある、というのは使用を考えている方であれば知っている事も多いですが、禁忌事項のある劇薬であるという事までは知らないケースが多いです。

 

具体的は、プロペシアの服用が許されているのは成人男性のみで、女性と未成年には処方禁止の薬となっています。

 

特に妊娠中の女性は服用はおろか、経皮吸収され胎児に影響を及ぼす可能性があるため手に触れる事さえ禁じられる薬です。

 

また、例え女性が触れることを気をつけていても、薬の破片や粉が不着する可能性もあるため、割って飲むことすら禁じられているため、

 

パートナーがいる男性はプロペシアを服用するリスクを十分に考えておかなければいけません。

 

また、服用中の献血もNGで、これも輸血を受ける側が妊婦や授乳中の女性であった場合、血液を介して成分が移行しないための措置となります。

 

さらに詳しく>>>プロペシアの副作用で子供への影響は深刻:女性の使用が禁止と言われる理由

 

プロペシアを飲むあなたにもリスクがある事を承知しておこう

 

このように、プロペシアを使用するにあたっては重要な禁忌事項があることがお分かり頂けたと思いますが、プロペシアを飲むあなたにも薄毛が改善する効果だけでなく、副作用のリスクがあることを覚えておかなければいけません。

 

例えば、プロペシアの副作用の中でも最も発症率の高い男性機能低下ですが、臨床実験では被験者の約1%に何らかの男性機能低下症状が出たという結果も出ています。

 

そしてもっと申告なのは、プロペシアの服用を中止しても、その男性機能は低下したままで後遺症が残るということ。

 

またこの他にも、肝機能障害、女性化乳房、さらには、男性ホルモンが減少することで、うつ・めまい・倦怠感といった、いわゆる女性で言う更年期障害のように気分が沈んだりする例も報告されています。

 

このように、女性に禁忌な存在の薬だけでなく、服用する自分の身にもリスクのある医薬品であることを理解しておく必要があります。

 

仮にプロペシアを使用する際は医師の元で処方してもらい、その副作用やリスクを十分理解した上で服用しましょう。