プロペシアの価格と購入方法による違い

MENU

プロペシアの価格は入手先によって相場が異なってくる

 

プロペシアは基本的に医師の処方がないと手にすることができない医薬品で、自由診療のためその価格は保険適用外となります。

 

さらに診察代は保険を適用させ、薬代のみ保険適用外のような混合診療はできませんので、病院の診察代と薬代の両方が全額自己負担ということになりますのでその金額は一般的な医療費に比べて高くなるのが特徴です。

 

価格の相場は、おおよそ1回の通院+投薬で1万円前後。

 

ただ、同じ病院でも一般的な皮膚科と薄毛治療専門のAGAクリニックでは診療面で差があります。

 

皮膚科とAGAクリニックの治療の差

 

皮膚科の場合は、AGAクリニックに比べると価格は安いと言えます。

 

しかしながら、あくまで薄毛治療は皮膚疾患の1つとして捉えらるため、簡単な問診の後にプロペシアを処方されて終了です。

 

極端に言ってしまうと処方後に髪が生えようが生えてこまいが、延々と薬だけを処方されるのが皮膚科だと思っていた方が良いでしょう。

 

逆にAGAクリニックになるとAGAに特化しているだけあって、プロペシアに限定されることなくその人にあった処方をしてくれます。

 

ただし、プロペシアは単剤で処方されることが少なく、プロペシア+他の薬を併用して処方されるため、価格だけを比べると皮膚科よりも高いと言わざるを得ません。

 

プロペシアにジェネリックはある?

 

医薬品といえばジェネリックの存在を忘れてはいけません。

 

先発医薬品の特許が切れた段階で発売される後発医薬品がジェネリック医薬品で、多くは先発医薬品よりも安く購入できるのがメリットです。

 

先発医薬品と同じ成分、同じ効き目で安価で購入できるため、国内でも徐々に利用者が増えています。

 

プロペシアにも当然ジェネリックが存在するわけですが国内で初のプロペシアのジェネリック医薬品の製造販売承認を取得したのがファイザー株式会社。

 

その後、沢井製薬、東和薬品、クラシエ製薬、あすか製薬、武田薬品がそれぞれジェネリック品を販売しています。

 

個人輸入代行で購入することの安全性における賛否

 

はっきり言ってプロペシアの価格だけで考えるのであれば、個人輸入代行を使って購入するのが一番安いのは事実です。

 

法律上、日本の薬機法(旧薬事法)に基づく認証を受けた代行業者から購入することは違法ではありません。

 

医薬品等の個人輸入に関するQ&A|厚生労働省

 

とはいっても、個人輸入代行で購入した医薬品で万が一何かトラブルが起こった場合、基本的には「全て自己責任」となります。

 

事実、個人輸入で用法・用量を守らずに服用してEDのような男性機能障害の副作用を発症してしまった人も少なくはありません。

 

この他、プロペシアには重篤な副作用の例も見られることから、医師の判断のもと適正な量と使用上の注意を受ける必要があると言えるでしょう。

 

また個人輸入代行業者の中には、プロペシアと謳いながら、実際手元に届いたら偽物や粗悪品を掴まされるケースも後を立ちません。

 

この点を踏まえ、なぜプロペシアが医師の処方される薬なのか、その理由をしっかりと考えて安全に服用するようにしましょう。