睡眠不足 髪

MENU

睡眠不足は髪にどう影響するか?

薄毛や抜け毛にお悩みのあなた。

 

睡眠不足は髪の毛に悪影響を与えると聞いたことがありませんか?

 

今回はその理由を具体的にお話してまいりましょう!

 

十分な睡眠によって髪が成長するのはなぜ?

 

髪の毛が成長するのは、基本的には睡眠中であると言われています。

 

さらに詳しく説明すると、体の成長や疲労回復のために脳が出すホルモンの一種である成長ホルモンが分泌されている睡眠中に最も成長すると言われているのです。

 

しかしながら、子供の頃に比べると、成長してしまった大人では成長ホルモンそのものの量は少なくなっているので、睡眠不足や不規則な生活はさらに成長ホルモンを減少させてしまう要因となってしまいがちです。

 

睡眠中にしっかり成長ホルモンを分泌し、毛母細胞を活発に働かせて新陳代謝を良くし、頭皮の健康状態も良好になりますよ。

 

また、成長ホルモンにはタンパク質の代謝を良くする働きがあります。

 

髪の毛はタンパク質からできているので、睡眠をしっかりとることによって、タンパク質の合成も促す、すなわち髪の毛を作り出してくれるんです。

 

さらに、十分な睡眠は臓器や髪の毛の修復だけでなく、ストレスからも解消してくれるので、髪の毛にとっても良いと言えるでしょう。

 

最低でも何時間くらい寝るのが髪にはいい?

 

皆さんは、ノンレム睡眠とレム睡眠という言葉をご存知でしょうか?

 

ノンレム睡眠とは深い眠り、レム睡眠とは浅い眠りという意味で使われているのですが、髪の毛にとって大事なのは深い眠りであるノンレム睡眠なんです。

 

特に、睡眠開始後すぐのノンレム睡眠時に、髪の毛の成長に必要な栄養素や成長ホルモンが大量に分泌されると言われています。

 

だいたい寝始めて3時間ほどたった頃が、成長ホルモンが最も分泌されると言われているので、ノンレム睡眠がその時間帯にとれるように寝始めるのが良いでしょう。

 

深い睡眠をとればとるほどその質は高まるので、頭髪にとって良いと言えますね。

 

ただ、短い時間の睡眠では、睡眠不足になってしまうので、最低でも5時間〜6時間寝てくださいね。

 

髪の毛のことも考えつつ、体の疲れをとるためにもしっかり睡眠はとりましょう。

 

髪が伸びるゴールデンタイムとは?

 

実は、髪の毛が伸びるゴールデンタイムも存在するんです。

 

夜10時〜深夜2時、この時間帯は、成長ホルモンの分泌が最も行われる時間帯であり、髪の毛の成長には欠かせない大切な時間帯なんですね。

 

夜の10時に寝るなんて無理!という方も多いと思いますが、一番大事なことは、深い眠りに入っている時間を含めて、多くの時間、質の良い睡眠をとること。

 

不規則な生活で睡眠不足になってしまえば、髪のゴールデンタイムを逃すことはもちろん、成長ホルモンの分泌も乱れてしまい、健康的な髪の毛の育毛もできなくなってしまいます。

 

たとえ夜10時に寝ることができなくても、毎日決まった時間に睡眠をとりはじめ、必要十分な睡眠時間をとることをおすすめします。

 

これで、健康な頭皮に、そして髪の毛の育毛が期待されますよ。

 

十分な睡眠は臓器、肌などの体の回復だけでなく、髪の毛の一本一本まで修復、そして成長させてくれます。

 

体も頭皮も健康的で過ごしていきましょうね!

 

 

 

さらに効果的な育毛を望むなら・・・